« 咲きました | トップページ | おいしいけどさ »

2013年3月11日 (月)

未だ進まず

震災から丸二年

人々の記憶から早くも薄らいで行くも復興は遅々として進まず

進まないどころか置き去りにされているところさえある

復興を願ったり、亡くなった人たちの冥福を祈るのは簡単だが

むしろ物理的援助を向けるべきだろう

復興現場に職人を送り

資材を届け

瓦礫を取り除く

復興費用を幾許かでも作業をする人の報酬に回せないのだろうか

そうすれば作業をする人をもっと増員できるだろうに

色々と復興費用やら義援金には使い方に縛りがあるようなので難しいのは分かるが

もっと柔軟に考えてもらえないものか・・・

少しでも人々の記憶にあるうちにな

|

« 咲きました | トップページ | おいしいけどさ »

コメント

六号線を北上し、
原発まで数キロ 
浜通りの小さな名前を忘れた港町、
透明な海、民宿、綺麗な砂浜、
静かな町並み、魚の旨い定食屋、
親切で素朴な人達、
取り返しがつかない事ってこういう事かね
生きてる間にもう一度訪れたいのだが
無理かね・・・

投稿: 権田 八洲男 | 2013年3月12日 (火) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 咲きました | トップページ | おいしいけどさ »