« 小銭入れ | トップページ | 招き猫 »

2015年6月24日 (水)

謎の食品

さて、これなんだが

一見ただの焼売の様に見えますが

これは栃木県県南地方主に佐野周辺だ食べられている焼売と称する食品である

Cimg5378


なんとなく美味しそうに見えますね

よーく原材料のラベルを見てみましょうね

Cimg5382


主たる原材料は「玉ねぎ」と「小麦粉」のみです

後はつなぎの片栗粉、調味料だけと言う食い物

小麦粉となっていますが、これは多くの場合パン粉です

Cimg5383

そして付属のタレは「中農ソース」です

そう、佐野名物の芋フライと同じですね

栃木県の県南地方は「ジャガイモ」と「ソース」の食文化なのです

有名なので言えば 「芋フライ」、「ジャガイモ入り焼きそば」、そしてこの「謎の焼売」

作りたてなら いざ知らず、一度冷めてしまったらどれも不味くて食えたものじゃありません

最たる物はこの焼売です

温め直しても何をしても食感は

まるで消しゴムです

しかも本家の佐野? で売っている焼売は写真のモノよりはるかに巨大なのです

何なのでしょうかねこの独特の食文化は・・・

これは我々が知っている焼売ではありません

何か未知の食品です。

|

« 小銭入れ | トップページ | 招き猫 »

コメント

俺も昔、食べた事があるけど
ありゃシュウマイじやないな
焼売は具が命 (キッパリ)

投稿: 権田 八洲男 | 2015年6月25日 (木) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小銭入れ | トップページ | 招き猫 »